コカ・コーラ:6倍速く
新製品のリードタイムを6分の1に短縮

プロジェクト概要

コカ・コーラ・ブラジルは、新商品を市場に投入する方法を変えたいと考えていました。

コカ・コーラにとって、新製品のテスト期間を短縮し、顧客の反応に基づいてポートフォリオの変更を加速させることが急務でした。そこでコカ・コーラは、プレミアムジュース市場の課題に取り組むことにしました。CI&Tとのパートナーシップのもと、デジタル・ベストプラクティスと連携したリーンの原則を採用し、アイデア出しから市場投入までのリードタイムを短縮しました。

ソリューション

コカ・コーラは、アジャイルな方法論、継続的な改善とコラボレーションを取り入れ、チームを統合し、革新的なソリューションを迅速に構築するだけでなく、消費者からのフィードバックを直接取り入れ、耳を傾け、新しい製品・パッケージを試してみるようになりました。

結果

コカ・コーラ・ブラジルは、学際的でデータドリブンなチームとして活動を再開しました。優秀な人材を部門を超えて活用することができ、その結果、プレミアム消費者の間での市場ブランド力を強化し、組織的にも大きな利益を得ることができました。

短い学習サイクルでリードタイムを83%短縮し、それまでの6倍速になりました。この成果は、同社のポートフォリオを拡大し、競争力と成長性を高めるための革新的な実験への第一歩となりました。同社は、従来の障壁を打破し、パートナーとメーカー間のガバナンスを改善することに成功しました。また、同社が開発したコパッカープロジェクトでは、わずか1週間で新しい飲料製品の採用が承認されました。