アステラス製薬 情報システム部長との対談特集①

CI&Tと共同で行ったアジャイル開発プロジェクトの裏側

アジャイル
リーダーシップ
By

CI&T

企業のDXパートナーであるCI&T株式会社(本社:東京都墨田区、代表:セザール・ゴン、以下CI&T)は、医薬品の製造から販売までを手がけるアステラス製薬株式会社(本社:東京都中央区、代表:安川健司、以下アステラス製薬)の情報システム部長 須田真也氏をゲストに迎え、「リーン・リーダーシップ(※)」をテーマにしたオンライン対談を実施いたしました。
※この対談の内容は須田氏個人の見解であり、所属組織を代表するものではありません

(※)リーン・リーダーシップ
部下に自立性を持たせ、サポートをするスタイルのリーダーシップ。部下との綿密なコラボレーションをもとに、ボトムアップで業務を遂行する。

今回はその対談を、大きく二部構成で特集してまいります。前編では、主にアステラス製薬とCI&Tが共同で行ったアジャイル開発プロジェクトについて、その裏側をお話しいただきました。

本対談の登壇者


suda-Astellas

アステラス製薬株式会社 情報システム部長 須田真也氏

1992年千葉大学院薬学研究科修了。同年、山之内製薬株式会社(現アステラス製薬株式会社)入社。2004年合併準備委員会にてIT統合事務局を担当。2008年~2010年英国子会社IT部門に出向し欧州ITインフラ運用のアウトソーシングなどを担当。帰国後に基幹業務システムの開発・運用を統括。2011年10月コーポレートIT部長就任、システム運用委託先のグローバル再編を経て2015年4月にグローバル組織化して情報システム部長に就任(現在)。


Ken-CI&T

CI&T株式会社 シニアビジネスグロースマネージャー 岡田健太郎

2020年8月にCI&Tに入社。株式会社プリンスホテルの本社海外営業部を経てエクスペディアとスカイスキャナーという外資系オンライントラベルカンパニーにおいてビジネスディベロップメントとアカウントマネジメントを16年経験。CI&T入社前の直近3年間はスカイスキャナーのシンガポールオフィスにて日本だけでなく東南アジアのマーケットも担当。スカイスキャナーは創業当時から自社プロダクト開発にアジャイルを用いていることでも有名。


対談企画前編

CI&Tとアステラス製薬共同の、
アジャイル開発プロジェクトの裏側

― プロジェクトが始まったきっかけ

アステラス製薬が「アジャイル開発」で開発を行った最初のプロジェクト。その案件が、CI&Tに依頼したアクイアのDrupalを利用したグローバルコーポレートウェブサイトの構築と、各国ローカルサイトの刷新であった。Webガバナンスの確立、グローバル展開の一環として新ブランドガイドラインの適用、全体システム戦略を踏まえたグローバルでのWeb/ITインフラ最適化の実現を担保しつつ開発を行い、グローバルコーポレートウェブサイトの初期ローンチを5か月で行うというものであった。

しかし、須田氏はもともとCI&Tのことを知っていたわけではなかったのだという。ではなぜCI&Tに依頼することにしたのか。須田氏はこう語る。

須田氏:「アジャイル開発は、正しい手法や本質を分かっている人がリードしないと成立しません。CI&Tはただのアジャイル開発ではなく、オフショア連携を含みエンタープライズでも活用できるリーン・アジャイルという手法を提供してくれました。」

最初は信頼ではなく興味から始まったとも話しており、アクイア社の紹介でこの両社の出会ったことがプロジェクトのきっかけであったのだという。

― CI&T開発チームへの印象

こうしてプロジェクトが始まった。実際に開発を進めていく上でCI&Tのチームにどのような印象を抱いたのか、須田氏に尋ねる。

須田氏:「簡単な言葉を使うと、リーン・アジャイルの本質を実践しようとしているだけでなく、チームの1人1人が生き生きしていたのがいちばん印象に残っていますね。」

須田氏自身も異動や入社してきた社員には「キラキラしていて欲しい」と言うことも多く、そのために     組織としてできるだけワクワクする環境を提供するように     心がけているのだという。

須田氏:「CI&Tからプロジェクトに参画した人たちは、周りに生き生きとする力を与える、エネルギーの源のような人たちが多かったです。」

岡田:「須田さん自身がリーダーとしてこう在りたいと仰っている像と似ていますね。」

常に明るくて熱意のあるリーダー像。この須田氏の考えと、重なるところがあった。

― 実際にアジャイル開発を共同で行ってみて

実際にプロジェクトを進める上で、アジャイル開発自体や、そのプロセスやツールを持って開発を共に進めてきたCI&Tのチームなどに対してどう感じたのか。

アステラス製薬は製薬会社であるが故に、通常使うシステムにアジャイル開発を取り組むのはなかなか難しく、今でもウォーターフォールな開発をしている。そこで須田氏は、このプロジェクトについてこう感じたのだという。

須田氏:「いちばん良かった点は、プロジェクト実施中に動く成果物であるプロトタイプができたこと。途中でも成果を確認しながら進めることができました」

それに対してウォーターフォール型の開発は、「多分こうだろうな」と紙上で議論して進めて行き、結局成果物を確認できるのはそれが完成したタイミングなのだ。

須田氏:「ウォーターフォールという従来の方法を逆転させているという意味でも、すごく将来性のあるやり方だと思います。」

― 当初アジャイルに対する懸念はあったのか

須田氏:「僕の性格上、新しい取り組みに対する懸念はあまり持たないんです。懸念より興味や期待の方が大きかったです。」

結局最後にうまくいくことが大事なのだという。須田氏は極端に言うと昔から計画を立てるくらいならまずやってしまおうという考えで、そもそもの感性がアジャイルに近しいものがある。

須田氏:「ただしプロジェクトに参画するのは、僕以外の人です。アジャイル開発の本質を知らない人が手をつけたときに、アジャイル開発という手法自体が悪いと思われてしまうことが心配でした。」

― このプロジェクトが、アステラス製薬のチームにどんな変化をもたらしたか

実はこのプロジェクトに参画したのは普段から仕事の進め方に厳格な社員だったのだが、彼が部内会議でこのプロジェクトでの経験を説明した際に、「俺は感動した、こんなやり方があったのかと感じた」と言ったのだという。

須田氏:「自分のやり方が正しいと信じ、自他ともに厳しかった社員が感動したと言葉で発するくらい、その人の考え方を変えました。そしてそれは、言葉として発することで周りの人の考えも変えました。」

周りの社員からして絶対的な存在であった人が、アジャイル開発という新しいやり方に触れて感動する。こうしたメッセージを残してくれていることが、大きな財産であると須田氏は語った。


【開催概要】
◆ 開催日時
 2021年5月11日(火)13:00-14:00
◆ 配信形式
 オンライン動画配信(Zoom)
◆ 登壇者
 スピーカー :アステラス製薬株式会社 情報システム部長 須田真也
 モデレーター:CI&T株式会社 シニア・ビジネスグロースマネージャー 岡田健太郎

【会社概要】
◆ CI&T株式会社について(HP:https://ciandt.com/jp/ja
デジタル・トランスフォーメーションを加速するために - CI&Tはエンドー・ツー・エンドでデジタル変革を支援するパートナーです。デジタルネイティブな組織として、包括的かつスケーラブルなソリューションで顧客各社のビジネスインパクト実現を加速してきた25年の実績があります。グローバル展開する戦略・リサーチ・データサイエンス・デザイン・開発の4,000名の専門家たちとともに、顧客体験の革新および運用最適化による売上成長を可能にします。

【本件に関するお問い合わせ先】
CI&T株式会社 マーケティング担当:宮崎 志保
メールアドレス:jp-marketing@ciandt.com 電話番号:080-9112-2336


CI&T

CI&T