CI&T働きがいのある職場に選出:人を大切にし、デジタル化を推進する

GPTW / 働きがいのある会社
人材
受賞
By

CI&T

CI&T常に社員を重要視しているため、事業を展開している様々な国の中で、トップクラスの働き方を実現しています。

CI&Tは、25年前の創業以来、3年ごとに2倍の規模拡大を維持してきました。簡単なことではありませんでしたが、会社の最大の価値は社員であるということに確信を持ち、ここまできました。その確信と企業文化が、今日のCI&Tの変革の基礎となっています。

CI&Tは当初、構造化されたプロセスと、厳格で効果的な規律のある、高品質なソフトウェアの開発工場のような企業でした。そこに、コラボレーション、実験、集団的知性を活用したところ、完全にデジタルなアイデンティティを持つ、変化に強い企業となりました

「テクノロジーが主役になりつつ今、人間がより重要になる。テクノロジーがイノベーションを起こすのではありません。それを実現するのは人間です。テクノロジーが破壊的なのではなく、人間が破壊的なのです。だから私がリーダー層へアドバイスするとすれば、共感力、コラボレーション、共創力、そしてチームメンバーとの関わり方や、会社の戦略をより大きな目的に変換するためのセンスなど、社員のソフトスキルの開発に力を入れることです。」

セザール・ゴン、CI&T CEO

CI&Tは創業以来、常に社員とパートナーシップを重視し、社員のため、ひいてはお客様のために、日々絶え間ない改善を行ってきました。この取り組みは、世界中のCI&Tオフィスにいる、尊敬、知識の交換、共同作業、学際的な仕事に基づいた人間関係を構築する従業員の中で実現されています。

これは、ブラジル本社が10年以上にわたって世界中のGreat Place to Work (働きがいのある会社)に選出されてきた実績にも繋がります。CI&Tが本社を構えるブラジルでは、大企業、グローバル企業として、今年で14年連続でブラジルのベストカンパニー150社の中にランクインしました。

2020年には、新型コロナウイルス流行拡大によって多くの課題がもたらされたにも関わらず、社員の安全、活動、満足度、モチベーションを維持するための迅速かつ慎重な行動が、国内の大企業(1000人以上)のカテゴリーで20位にランクインすることに繋がりました。2019年には、21位にランクインしています。また、当社はブラジルで長年にわたってランクインし続けている唯一のテクノロジー企業であり、非常に誇りに思っています。

GPTW アメリカ

アメリカでは、素晴らしい経験をしたと回答する社員が、国内平均59%のところ、CI&Tでは92%がそのように回答したことでGPTWの認定も受けています。

GPTW アジア

一方、アジア(中国・日本)の支社は、2020年のGPTWランキングで11位を獲得しました。調査は、Great Place to Workが代表を務めるアジア地域の8カ国、数百社の企業から220万人の従業員を対象に行われました。中でも、仕事上の人間関係のバランスと、同僚やリーダーとの親密な人間関係は、掲載企業の中で最も高い評価を得ています。

アジアでもBest Workplaceに選ばれたことは、社員の幸福度、仕事の満足度、業務に対するモチベーションが当社に成功をもたらしていると考えているので、これはとても名誉なことです。私たちの最優先事項の一つは、従業員が革新的な思考を超えて、様々な経験ができるような職場環境を作ることです。グローバル企業として、文化間だけでなく、地域規模での変革が可能な価値観を維持することを目標としています。」

フェリペ・ルビン、CI&Tアジア・太平洋地域代表

「新型コロナウイルスは、世界中の組織が直面している課題であり、人を重要視する文化を大切にしています。アジアで働きがいのある会社ランキングで順位を獲得した企業を称え、競合他社を凌駕することから、より多くの企業に刺激を与え、すべての人にとって優れた職場になることを願っています」

マイケル・C・ブッシュ氏、Great Place to Work グローバルCEO

どの地域においても、GPTWランキングでの認定は、私たちにとって非常に喜ばしいことです。人々の可能性やモチベーションを高め、教え、挑戦し、楽しみ、そして何よりもインスピレーションを与えてくれる、より良い職場環境を求めて常に進化していくという私たちの目的を達成するための正しい道を歩んでいることを実感しています。

「社員とのつながりを作り、信頼関係を築き、一人一人が能力を最大限に発揮し、キャリアの中で成長していくサポートをすることが、その道筋でなければなりません。」

アリネ・リマオ、CI&T採用ブランディングマネージャー


CI&T