アジャイルがテクノロジー市場にもたらす大変革

文化
アジャイル

この記事の主な内容:

  • アジャイル手法を取り入れてデジタル運用の成功を実現するために、従うべき原則
  • ビジネスを変革させるフレームワークとアプリケーション
  • アジャイルは、会社が素早くビジネス価値を生み出すのにどのように役立つか
By

CI&T

2001年、(旧来の厳格なステップによる)長くて退屈なソフトウェア製作プロセスに不満を持つ17人の開発者が、アメリカのスノーバードに集まり、業務にスピードと敏捷性をもたらす新しい方法について話し合いました。その話し合いから、アジャイルソフトウェア開発の宣言が生まれ、またアジャイル開発の基礎となる原則が生まれました。

この宣言によると、この方法では以下を尊重しなければなりません:•プロセスやツールよりも個人と対話
• 包括的なドキュメントよりも動くソフトウェア
• 契約交渉よりも顧客との協調
• 計画に従うことよりも変化への対応

アジャイルの12原則

1. 顧客満足を最優先し、価値のあるソフトウェアを早く継続的に提供します。

2. 要件の変更はたとえ開発の最終段階であって歓迎しますアジャイルプロセスはこうした変化を利用して、顧客に競争力を引き上げます。

3. 既製のソフトウェアを、常に時間短縮を重点に置いて、短い時間間隔でリリースします。

4. ビジネス側の人と開発者は、プロジェクトを通して互いに協力しなければなりません。

5. 意欲に満ちた人々を集めてプロジェクトを構成します。人々が必要とする環境とサポートを与え、彼らの仕事を信頼します。

6. 開発チームに情報を伝える最も効率的かつ効果的な方法は、直接顔を合わせ対話することです。

7. 適切に機能するソフトウェアが、進捗を測る主な尺度です。

8. アジャイルプロセスは持続可能な開発を推進します。スポンサー、開発者およびユーザーは、一定のペースを継続的に維持できるようにしなければなりません。

9. 技術的卓越性と優れた設計に対する不断の注意が、敏捷性を高めます。

10. 簡潔さ、つまり不必要な作業を最小限に抑える技は必須です。 

11. 最高のアーキテクチャ、要件、プロジェクトというものは、自立したチームから生まれます。

12. チームの効果を上げる方法について定期的に検討し、それに応じて行動を最適化・調整します。

アジャイルソフトウェア開発では、上記の原則全てを遂行することで、敏捷かつダイナミックなソフトウェア開発が実現します。 

アジャイル方法論:フレームワークとアプリケーション

アジャイルは効率的なプロセスの最適化により、テクノロジーの最先端を越えました。そして今日では、あらゆる状況にも適応できる代替的なプロジェクト管理手法となっています。そのため、アジャイルの原則や根拠だけでなく、そのフレームワークやアプリケーションについても知っておく必要があります。

たとえば、ダイナミックな管理モデルの「スクラム」もそのひとつです。ここでは、組織内のプロジェクト、アクション、製作のあらゆるフェーズが短期間で開発され、顧客へ継続的に高い価値を提供します。全ては情報交換を通して行われ、開発サイクルである「スプリント」を繰り返します

毎日のミーティングで関係チームが一堂に会し、知識の共有、協力、共創を行います。これによって、作業がよりダイナミックかつ生産的になり、戦略がより順守され、たとえ開発途中でも戦略を柔軟に修正できるようになります。このプロセスでは、チームに関する各メンバーからのフィードバックはもちろん重要ですが、ビジネス価値の実現に貢献する、顧客からのフィードバックも同様に重要です。こうして、製品とソリューションの成功の可能性が大幅に広がります。

デジタルトランスフォーメーション(以下、DX)でのアジャイルの役割

継続的改善に重点を置き、素早く頻繁な価値の提供を実現するアジャイルの特性は、現在の市場ニーズに完璧に合っています。今日、顧客は満足度の高い製品や体験が常に素早く提供されることを求めています。そのため、アジャイルがスタートアップの基本的運営方法のひとつであるのも当然です。

DX推進に乗り出し、大幅な構造改革を行っている会社の多くは、アジャイルで作業する開発チームの構築に賭けます。しかし、それを支える堅牢な方法(リーン管理哲学など)との繋がりがないと、こうした戦略も最終的に部分的な結果しか得られず、社内で規模を広げることはありません。つまり、デジタルオペレーションの構築は推進されません。

そのため、同じ失敗を繰り返さないように、また、アジャイルのような強力なソリューションを無駄遣いしないように、知識を追求し、会社の状況に最適な事例と運営形式を検討する必要があります。

CI&Tの開発したリーン原則に基づくDXモデルは、継続的改善、協力、顧客にとって価値のあるもののみの開発、敏捷性、スピード、短いサイクルでの実験的なマインドセットをもたらします。


CI&T

Close menu