sささささささささ: Business Value Insights (BVI)でROIを理解する
続きを読む

G SUITE のユーザーをより深く理解するために

BVI(Business Value InsightsというGoogleのソリューションツール)ではメトリクスが重要であり、データを正確に計算することが非常に大切です。CI&Tチームは、最初に元々のコードとそのデプロイメントガイドを検査し、適切な改善を計画しました。メトリクスの計算を改善し、GSuiteの使用状況のデータを収集するためのより効率的な方法を作成し、Google Cloud Platform内で割り当てられたリソースの量を減らし、サービスの実行時間とコストを削減することができました。

BVIは、企業がビジネス目標を達成するための計画をするために、使用状況の傾向を見ることができたり、実行可能なインサイトを提供してくれます。BVIを使用することで、企業は重要なメトリクスをユーザーレベルまで理解することで、G SuiteのROIを最大化することができます。

Google の元々のソリューションでは、G Suite Business 製品に基づいたデータしか提供されていませんでした。これまでのツールではAPIリクエストを必要とし、BigQueryに入力する必要があったのに対し、チームが作成したBVIの新版では、G Suite Enterpriseのトラッキングが可能となり、データは自動的にG SuiteからBigQueryにエクスポートされるようになりました。

データにアクセス出来るだけじゃない
 
このプロジェクトは、Google Data Studioを介してシンプルなダッシュボードを提供する現在のソリューションを評価することから始まりました。このソリューションには、製品採用データの制限、コラボレーションデータの制限、管理者アクセスの制限などの多くの障壁がありました。チームは、より多くのインサイトを提供し、より良いダッシュボード、レポート、ビジュアルを作成することで、より良いユーザー体験を実現することに着手しました。

より良いUIをデザインするために、チームはまず、最も価値のある主要な情報とメトリクスを選定し、それを最良の方法で表示できるようにしなければなりませんでした。データスタジオのデザインを全面的に見直し、よりすっきりとした外観と読みやすい構造にすることで、データをより使いやすく、視覚的に説得力のあるインタラクティブなものにすることで、データをより有用なものにすることができました。

BVI の BETA版

BVIは最近、ベータ版を公開しました。これには、下記の機能強化があります。
 
• BigQuery のエクスポートに代わるソリューション
• UIとレイアウトを刷新
• Hangouts Meets & G+のメトリクスとチャートを追加
ユーザーのCSVファイルをアップロードして、最大3つのセグメントをレポートできるように作成する機能
• 処理エラーを追跡するためのエラーロギングページ
• ソリューションのコストを追跡するためのGCPコストのページ

G SUITE の ROI

クラウドコンピューティングは職場に革命をもたらし、時差や場所を超えたコラボレーションやコミュニケーションを実現しています。チームが数回のキー操作でアイデアを共有したり、遠隔地から会議に参加したり、リアルタイムでコラボレーションできるツールは、組織の革新性を高め、顧客とのコミュニケーションをより円滑にするのに役立っています。クラウドベースのソリューションは、レガシーシステムの課題や非効率性を軽減することで、これを可能にしました。
G Suite はこれらの革命的ソリューションの一つです。 G Suite を利用することで、組織はより共同作業を推進する文化を持ち、効率性を高め、場所やデバイスへの依存を減らすことができます。このようなメリットを踏まえ、G Suite が日々の業務にどのような影響を与えるかを理解するのは簡単ですが、その結果を金銭的な価値に換算するのは難しいものです。
G Suite を使用する企業が増えている現在、顧客がどのように製品を使用しているかを理解することは、投資関連の意思決定を行う上で ROI を評価する上で非常に重要です。

BUSINESS VALUE INSIGHTS (BVI)

CI&T と Google チームは、Business Value Insights (BVI) ソリューションを強化するために協力しました。BVI では、G Suite 製品(Gmail、Docs、Sheets、Calendar など)の導入、コラボレーション、影響に関するデータを、G Suite がビジネス目標にどのように影響を与えているか、再販業者が G Suite 製品をよりよく販売できるようにするにはどうすればよいかなどの有用な洞察が提供できます。

BVI は、G Suite の導入に関するいくつかの指標を測定することができます。

• 採用 - セグメントに基づいて使用状況と採用傾向
• コラボレーション - G Suiteを使用しているユーザー同士がどのように連携しているか
• インパクト - ユーザーの感情を理解する

当初の Google BVI ダッシュボード
再設計されたGoogle BVI ダッシュボード